• ホーム
  • 安くて手に入れやすいトリキュラーは飲むタイミングに注意

安くて手に入れやすいトリキュラーは飲むタイミングに注意

心配している女性

避妊方法の中で、ほぼ100%に近い成功率であるものが低用量のピルになります。
これはホルモン剤が入っている錠剤であり、毎日服用することで、妊娠を避けることができるのです。
その仕組みとしては、ホルモン剤を服用することで、排卵を抑えることができるために精子が入っても受精をすることもないのです。
受精卵ができないので、妊娠をしないというわけなのです。

そんな低用量ピルの中でも人気のあるものがトリキュラーです。
こちらは、産婦人科で処方してもらうこともできるのですが、個人輸入などで海外から取り寄せることができるのです。
医療機関を受診して入手するよりは、個人輸入のほうがかなり安く手に入るので、気軽に服用できるものでもあるのです。

トリキュラーは、個人輸入では千円程度という安い価格で入手できるのですが、医療機関では3千円程度の費用がかかったりします。
より安い価格で服用するのであれば、個人輸入をお勧めします。

低用量ピルは正しい服用をするようにします。
毎日服用して28日周期で生理がくるようになっています。
最後の7日間は錠剤を飲む場合と飲まない場合があるのですが、飲む場合ではホルモン剤の入っていないものを飲んでいくことになります。
これも錠剤の服用を習慣づけるものであり、毎日同じ時間に飲むようにするといいでしょう。

飲む時間帯は食前でも食後でもかまいません。
ただ、飲む時間を決めておくほうが飲み忘れがないでしょう。
飲む時間が安定していないと飲み忘れがあり、これが48時間以上の間があると効果がなくなってしまうので、注意しましょう。
このように、トリキュラーは入手方法によって安い価格で手に入れることができるので、上手に服用するようにしましょう。

トリキュラーは基本的に錠剤ですが、筆者のように錠剤タイプの薬を飲むのが苦手という方もいるでしょう。
そのような時、筆者はピルカッターを使用して錠剤を小さくして少しでも飲みやすい状態を作ってから服用しました。
ピルカッターの正しい使い方はこちらに載っていますので、錠剤を飲むことに苦労している方は価格も安いことですし、ピルカッターの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事
人気記事一覧