トリキュラーで太る原因

葉の上にある白い薬の瓶

トリキュラーは黄体ホルモン(レボノルゲストレル)と卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール)が配合された低用量経口避妊薬で、この2つのホルモンが脳下垂体に働きかけることによって卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモンの分泌が抑えられ、排卵が起こらなくなります。
そして、排卵が起こらないことによって確実な避妊の効果を得ることができます。

また、トリキュラーには避妊の効果だけではなく生理周期を正常にコントロールする働きもあります。
そして、それ以外にも生理痛が軽くなったり、生理中の出血量が軽減したり、ホルモンバランスが安定することによってニキビなどの肌トラブルを改善する効果や子宮内膜症を防ぐ効果といったさまざまなメリットがあります。

こうした効果には、トリキュラーを正しく服用することが重要になります。
トリキュラーには21錠と28錠の2種類のタイプがありますが、どちらも毎日決まった時間に1錠服用します。
それによって、確実な避妊の効果が得られることから今では多くの女性たちが服用しています。

また、トリキュラーを服用すると太りやすくなるといった話もありますが、それはトリキュラーを服用することによって体内の女性ホルモンのバランスが安定することで、より女性らしい体つきになるためであるといわれています。
そして、ホルモンの影響によって食欲が増加することで太りやすくなることもあります。

また、トリキュラーの服用中の喫煙は静脈血栓症のリスクを高めてしまうことから禁煙をする人が多く、禁煙中の飲食が増えることから太りやすくなってしまうこともあります。
これらが原因となってトリキュラーを服用すると太りやすくなると考える人が多くいます。

関連記事
人気記事一覧