薬を飲む女性

最近は、日本で避妊方法の一つとしてピルが知られるようになってきています。
このことによって、女性が主導で避妊をすることができるようになっているのです。

経口避妊薬であるピルでも有名であるのがトリキュラーですが、これは低用量のホルモン剤になります。
その仕組みとしては、含まれている卵胞ホルモンと黄体ホルモンという女性ホルモンが 脳下垂体に働きかけるものであり、卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体化ホルモン(LH)の分泌を抑える働きをするのです。
それによって、卵巣にある卵胞は成熟することがないので、排卵が起こらなくなるというわけです。

つまり、排卵が起こらないということは、ちょうど妊娠をしているときと同じように体が思い込んでしまうというわけです。
ですから、妊娠中に近いような状態になるのです。
時にはつわりのように少し気分が悪くなるなどの症状が起こったりするというわけです。

トリキュラーは、医療機関を受診することで処方してもらえる避妊薬です。
しかし、ほかにも入手の方法があります。
これは海外の通販で通販でトリキュラーを購入するという方法です。
これは日本の法律でも認められているものであり、安く入手することができるのです。

また、トリキュラーを服用するときには、飲み忘れをしないように気をつけましょう。
48時間以上の時間が経ってしまうと効果がなくなります。
丸一日経ってしまっても2日以上でなければ、そのまま飲み続けることで避妊の効果が持続しますが、それ以上経ってしまうと効果がなくなるので、ほかの避妊方法に切り替える必要があるのです。

このように、トリキュラーを飲むことで、体が妊娠しているように思い込んでしまうので、妊娠中のような症状が起こったりするのです。

記事一覧

トリキュラーは三相型の低用量ピルで、日本では広く避妊のために使用されています。 28日分が1シートと...

トリキュラーは、医薬品です。 黄体ホルモン(レボノルゲストレル)と卵胞ホルモン(エチニルエストラジオ...

心配している女性

避妊方法の中で、ほぼ100%に近い成功率であるものが低用量のピルになります。 これはホルモン剤が入っ...

元気を出す女性

避妊には、コンドームや経口避妊薬、子宮内避妊用具など様々な方法があります。 トリキュラーは、国内で最...

笑顔の女性

低用量ピルにはいくつか種類があり、そのうちのひとつがトリキュラーですが、トリキュラーの副作用で「太る...

葉の上にある白い薬の瓶

トリキュラーは黄体ホルモン(レボノルゲストレル)と卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール)が配合され...